オメガの電池交換をした思い出

オメガの電池交換をした思い出

3年前、買い物に行った渋谷で購入したオメガのクオーツ腕時計を使っています。
軽くてシンプルなデザインでカジュアルにつけられるため、シーンを選ばず愛用していたのですが、その時計が電池切れで止まってしまいました。購入時に入っていた電池をそのまま使い続けているので3年使用できたのは良くもった方だと思います。

今まで腕時計の電池が切れても、時計の裏側のフタを開けて、電池の型番を調べて自分で交換していたため、今回も自分で交換できるだろうと思っていました。
しかし、いざ交換しようとすると、裏側のフタが何やら不思議な形状で、普通の腕時計と違ってパチンとはめ込んである訳ではないようでした。
爪のようなものが見えているので、力まかせにこじ開けると爪が使い物にならなくなるかもしれないと思い、自分で電池を交換するのはやめて、プロの方に頼むことにしました。

通常、お店で腕時計の電池交換をすると、お店によっては結構お金がかかるところが多いと思います。高級腕時計であればなおさら。自分で交換できたら電池代だけで済むのでどうしても高いと思ってしまいます。しかし今回私が電池交換をお願いした近所の時計屋さんは1525円でした。そこまで激安という訳でもないですが、壊してしまうよりかは遥かにいいですもんね。

自分で無理やり電池交換して腕時計に傷をつけるのも嫌なので自分の手に負えないものは素直にプロに任せようと思いました。

腕時計買取業界の最新ニュース

時計買取で話題となっている事柄をお伝えします。

腕時計本舗がSALEを開催中!
なかなかお得な感じなので、ブランド時計の新品を購入ご希望の方はぜひチェックしてみてください。
ロレックス、オメガ、ブライトリングあたりがかなり安くなっているようですね。

アベノミクスでもなかなかサラリーマンの給与が増えないなか、中古腕時計を扱うリサイクル企業が業績をアップさせています。
コメ兵は、2013年8月売上が対前年同月比で124.7%の増加となりました。
また、質屋大手の大黒屋も続々と新規の買取店をOPEN。
ロレックスなど高級ブランド時計専門一括査定のカイトリマンも取扱総数12,000本を超えております。